スタイリスト

スタイリスト眞下敦史

眞下 敦史 Atsushi Mashita

1974年2月14日生まれ、兵庫県加古川市出身。大学卒業後美容師になることを志し専門学校へ。ベルエベル美容専門学校卒業後、美容師免許、管理美容師免許取得。

西宮苦楽園の美容院「HAIR MAKE indigo」に9年間勤務後、2005年4月に独立、芦屋で「chill out hair Logic」をオープン。

得意な技術

スタイリングがしやすい女性らしいナチュラルなスタイルを作る繊細なカットが得意です。時間が経ち伸びたスタイルも心地良く楽しんでいただけるようなバランスも大事にしています。『お手入れが難しくて自分では出来ない・・・』そうならない為のスタイルをご提案いたします。

美容院帰りは綺麗でも、家でやるとキマらないスタイルでは意味がありません。基本的に普段のスタイリングが簡単にできるようなカットと、なりたいスタイルに必要ならばパーマやカラーリング等、お客様がお家でお手入れにかける時間や方法に合わせた技術をご提案いたします。

趣味・マイブーム

旅行やカメラ、そしてゴルフ、マラソン、ボルダリングと、体を動かすことが近年の習慣になっています。それから最近は、運動だけではなく美容や健康維持のための食にも関心を持っております!

美容師としての仕事に対する信念と使命感

私自身、美容師を20年務めてまいりましたが、ぶっちゃけた話をしますと、美容師の仕事は矛盾しているな、とふと思うことがあります。
美容師は本来、女性を美しくする仕事ですが、実際には薬剤やケミカルを使うため髪の毛を傷めたり頭皮を弱らせてしまうような技術(パーマ剤やカラー剤によって少なからずお客様の髪の毛や頭皮に負担を掛けているという事実)も多々あります。

ご来店いただくお客様の髪を見極め施術し、いかに負担を最小限に美しく創り上げるのか、それとも必要以上に負荷を掛けて傷めさせてしまうのか、というのはお客様の髪の毛を直接さわらせていただく美容師次第なのです。なので、私たち美容師はキレイを創る仕事ですが同時に厳密には髪を傷めることをしているという認識とそれに対するジレンマを持ち仕事をしている訳ですが、、いかにこの矛盾する部分を解消しキレイを創れるか、という使命感と、任されている責任感を持ち仕事をするべきであると考えています。

まずお客様の髪質の正確な診断ができることから始まり、それに伴う薬剤の選定はもちろんですが、例えば施術内容に対して現在の髪の毛のダメージレベルが大きい場合等、状態によってはオーダーされたパーマやカラーリングを保留したり変更したり、お客様が望まれていたとしても好条件になるまでは計画的に施術を先に延ばしたりする事も、時には私たち美容師が責任ある仕事をする上での判断の一つだと考えます。

 

完全マンツーマンスタイルのこだわり

大きなサロンで活気があるのも素敵ですが、途中でかなりの時間を待たされたり、コロコロとスタッフが入れ替わったりというのがストレスと感じるお客様も多いはずです。技術によってスタッフが入れ替わったり、行った日によって担当が違ったりして仕上がりにムラが出たりするという可能性も少なからずあるでしょう。
マンツーマンで同じ技術者がお客様一人づつ時間をお取りし施術していくメリットとして、カラーやパーマで毎回安定した技術をご提供できることはもちろん、施術をする上で重要なカラーやパーマでの時間の管理や縮毛矯正などのアイロン操作等といったことも、一人づつ集中して時間を使うことができますので、常にベストなパフォーマンスを発揮することが可能です。
もちろん完全にマンツーマンですから、お客様の予約をブッキングさせず一人づつ時間をお取りしています。自身のマックスである技術や接客を提供し一人一人のお客様に集中しその時間を有意義に使わせていただけることは、大変価値があることだと考えています。
スタッフが1人よりも人数がいた方が作業効率が上がることは確かです。アシスタントを付けず全ての作業を一人でこなすスタイルというのは、ある意味不器用で融通が利かずもしかすると美容師として自己満足と思われても仕方ない部分もあるかもですが、、それでもやはり私は、自分のやり方で自身が納得する仕事をきちんとプロとしてこなしていきたいと思っています。

また技術面に対してだけでなく、ホスピタリティ的に繊細な仕事をする上でも、Logicはお客様と一体一で接するこのスタイルにこだわっています。受付からシャンプー、カットに始まる全技術、お見送りまでという全ての工程を自身が責任を持ち担当させていただくことで、一人一人のそのお客様を理解し、些細なことであっても気付ける技術者になりたいと思っています。
カウンセリングにも力を入れており、髪型のことだけでなく必要であれば普段しているヘアケアやお手入れ方法、ライフスタイルに関することなどもお話いただけると嬉しいです。ここでお客様との距離を縮めることができるようじっくりと話し合い、お客様のなりたいスタイルと美容師としての提案を掛け合わせて一緒に理想の女性像を創っていければと思っています。

一人一人のお客様の髪質を把握するのはもちろん、ライフスタイルや環境、好みやこだわりも踏まえベストな提案できるよう、そしてお客様からも専属の美容師として安心して任せていただけるような快適な関係を築けることを目指します。